ビタミン/ミネラル ◆予防医学の知識と栄養

紫外線は活性酸素を発生させてシミなど老化の原因に!

投稿日:2017年4月8日

雨でも紫外線対策

これから夏にむけて日差しが強くなっていきますが、紫外線対策は万全でしょうか。特に女性はお肌のシミ、シワ、たるみは絶対に作りたくないはずです。ですが、多くの女性が春から夏だけ紫外線対策をすれば大丈夫と思っているかもしれません。しかし、1年中どの季節でも紫外線対策は必要で、そして、曇りでも雨でも80%紫外線は地上まで届きます。お天気の良い日だけケアしておけば大丈夫!というのは肌トラブルを加速させてしまいます。

活性酸素の発生

さて、このお肌のシミ、シワ、たるみを作るおおもとの原因はなんでしょうか。紫外線であることは間違いありません。しかし、紫外線を浴びるとなぜシワやシミなどが発生するのか。その根本原因が「活性酸素」なのです。

活性酸素は大きく分けると4つに分類することができます。

1. スーパーオキシドアニオンラジカル

2. 過酸化水素

3. 一重項酸素

4. ヒドロキシルラジカル

そして、しみ、しわ、たるみを作るのが一重項酸素。紫外線によって皮下組織でこの活性酸素が発生して、シミ、シワ、たるみを作ります。身体の老化は酸化が原因と前回の記事で書きましたが(その記事はこちら)、紫外線をたくさん浴びると老化も進んでゆきます。

多くの方が実践する対策と言えば、日焼け止めを塗ることでしょうか。その他にも、日傘をさしたり、日陰を歩いたり、シミなどができないように美白化粧品を使ったりなど。こういった事ももちろん必要なことですね!しかし、外側(肌表面)からのケアだけではなく、内側(身体の中)からのケアにより重点を置いて頂きたいなと思います。

(※紫外線を100%避けようとする事は、カルシウムの吸収に必要なビタミンDが作られませんので、ほどほどに紫外線にはあたりましょう♪)

紫外線対策も食事

それは一番に食事です。活性酸素に打ち勝つ抗酸化栄養素をたくさんとることです。抗酸化栄養素は活性酸素の発生をゼロにしてくれるもの。実は、体内でも抗酸化物質は作られていますが、それだけでは十分ではありません。活性酸素を作る原因は紫外線だけでなくストレスなど様々な要因がほかにもたくさんあるからです。

お野菜、果物、ナッツ類、最近はよくスーパーフードと呼ばれるものも流行っていますが、こういったものを普段の食事からしっかりバランスよく摂って下さい。そして、現代の食物は栄養価が非常に下がっている(ほうれん草は50年前の1/6の栄養価と言われています)問題もあるため、普段の食事で足りない分はサプリメントで補うように調節すると良いでしょう。

病気や老化は、細胞の栄養不足から始まります。細胞が正常に機能するためには、細胞にゴミなどが溜まっておらず、栄養素で満たされていることです。健康や美容について、細胞レベルで考えることにまだまだ慣れないかもしれませんが、少しずつ勉強して健康な体をKeepしていきましょうね!

それでは、本日もお読み頂きありがとうございました♪







-ビタミン/ミネラル, ◆予防医学の知識と栄養

関連記事

私の父は肝硬変!肝癌への進行を回避した方法②

エコー検査は必ず 前回のお話の続きになります。 新しく分かったこと。それは、父が通っていたお医者さま(今も通ってます)は、父の肝臓の状態がよくなってきたのでこれまでとっていた色々な血液検査項目やエコー …

エネルギーの源は糖質!糖質カットは絶対にNG

お医者さまも推奨!?糖質制限ダイエット 3大栄養素と言われる炭水化物、脂質、たんぱく質がなぜ3大栄養素と言われるのでしょうか。それは、私たちが生きていく上で必要なエネルギー源だからです。運動や日常にお …

肥満ってどこからが肥満なの?

肥満じゃないのにダイエットする日本人女性 日本人女性の皆さん!体重の数字ばかりを気にして、無理なダイエットに日々取り組んでいませんか?「あ~昨日よりも500gも太った~」と嘆いていませんか? 見た目、 …

1日に必要な野菜と果物の量

厚生労働省の推奨量は? 厚生労働省が推奨する野菜の摂取量は1日350gです。果物の摂取量は200g。これは、最低限これくらいは摂取したい!という目安なので、できればこれ以上摂ることが理想です。 では、 …

果糖は太る?太らない?

糖質の種類 糖質と言っても様々な種類があり、大きく「多糖類」「少糖類」「単糖類」の3つに分類することができます。まず、単糖類を見てみましょう。これは字のごとく、”糖がひとつだけ”のものです。ブドウ糖や …