◆予防医学の知識と栄養

肌トラブルを改善するには皮膚の構造を知ること

投稿日:2017年12月2日

肌トラブルの種類

お肌のトラブルには、乾燥肌、脂質肌、吹出物、アトピー性皮膚炎、シミ、しわ、たるみ、赤ら顔など様々なものがあります。また、こういった事が起こるのは、食生活や生活習慣の乱れ、加齢、遺伝、環境化学物質など原因も様々です。ですから、その問題を解決するには、どうして肌トラブル起こっているのか?の根本原因を見つけることがとても重要となります。それが分からず闇雲に何かに取り組んでも改善することはありません。

まずは皮膚の構造に注目してみましょう!なぜなら、皮膚の構造を知ることで自分が抱えているトラブルがどこの部分で起こっているのかが分かり、アプローチ方法が変わってくるからです。

皮膚の役割とは?

私たちの身体を被ってる皮膚の面積は、約1.6㎡あり、なんとタタミ1畳分と同じくらいの大きさです。そして、皮膚は身体の中で一番大きな臓器と言われています!皮膚が臓器だなんてあまりイメージできないかもしれませんが、私たちの身体の中を守るために皮膚はなくてはならない存在なのです。その皮膚の大切な役割とは、

*外部からの刺激(熱い、冷たい、痛いなど)を感知する

*異物の侵入(ウィルスや細菌)を防ぐ

*体温調節をする

*水分の蒸発を防いだり、水分を保持する

などです。生命を維持するためには必要不可欠なことばかりですね。皮膚は自分で見たり、触れることができる部分ですから異常があればすぐに分かります。また、隠れた病気が皮膚に現れたりと皮膚と内臓は密接な関係で、内臓の鏡とも言われているんですよ。

皮膚は何層にも重なっている

皮膚は、大きく3つの層で成り立っています。一番下の層が「皮下組織」、真ん中の層が「真皮」、一番上の層が「表皮」となっています。ちなみに、女性が特に気にしている顔のたるみ、シワ、シミ、くすみなどは表皮や真皮で損傷が起こっているものです。日頃の肌のお手入れや食事に気を付けることで、みずみずしく、もちもちした美肌を作ることができます。そのためには、この表皮と真皮を常に健康にすることが鍵となります。

それぞれ層には、血管やリンパ管、神経、皮脂腺や汗腺などがありますが、各層の細胞についての詳細は、また改めて記事にしていきたいと思います(^^)

それでは、本日もお読み頂きありがとうございました♪







-◆予防医学の知識と栄養

関連記事

2025年には認知症患者がなんと700万人に

認知症の祖母 実は私の父方の祖母が認知症です。98歳になります。脳だけがダメージを受けているのでそれ以外はすべて健康です。私の事はよく分かっていませんが「なおこだよ。わかる?」と聞くと「あらまぁ、急に …

ダイエットに必要な代謝を上げるために必要な事

ダイエットのキーワード「代謝」 「代謝」という言葉を聞いて、すぐに理解できる方はどれくらいいるでしょうか。この言葉は色々な場面でよく使われているのですが、実際どんなものなのかを説明できる人は少ないので …

ストレスを溜めると便秘になる

便秘の軽視はNG 女性は便秘になる方がとても多いですね。その分、大腸ガンになるリスクが高まります。なんと、女性のガンの死因第1位は大腸がんなのです。 便秘になる理由はさまざまありますが、今日はストレス …

水しか飲んでいないのに痩せない理由

’水だけ’の落とし穴 「知人に”水しか飲んでいないのになかなか痩せない”という女性がいます」と先日、こんな事を聞きました。 毎日どれくらいの水を飲んで、それ以外に何を食べているのか、運動はしているのか …

果糖は太る?太らない?

糖質の種類 糖質と言っても様々な種類があり、大きく「多糖類」「少糖類」「単糖類」の3つに分類することができます。まず、単糖類を見てみましょう。これは字のごとく、”糖がひとつだけ”のものです。ブドウ糖や …