◆ペットの予防医学

ペットの病気と栄養を考えていますか?

投稿日:2017年9月21日

愛犬トイプードルの海

あんなに小さかった海も、今年で13歳になりました。あっという間に時間は流れます。犬年齢には大型犬と小型/中型犬とでは多少の差があるようですが、1歳になると人間でいう20歳、その後は1年に4歳づつ年を取るようです。

そう計算すると、海は現在68歳ということになるのですね。人間でもだんだんと身体に不調がでてくる頃ですが、ペットもガンになったり、認知症になったり人間と同じような病気になります。ですから、病気にならないように予防医学(分子栄養学)がペットにも必要なのです。

最後は苦しまずに穏やかに最後を迎えてほしいなと願っています。それには、飼い主さんがきちんと知識を持って我が子同然のペットを守ってあげなくてはなりません。

動物も栄養が足りない

自然界の動物は、暴飲暴食をすることもないですし、規則正しく自然の法則に従って生きているので病気をしないと教わったことがあります。しかし、今、地球はミネラルが不足しています。大地にミネラルが足りなくて自然界の動物たちも栄養が十分に摂れず病気になってしまうことがあります。

ペットはどうでしょうか。日本では様々なドッグフードやおやつ等が販売されています。栄養も十分入っているように思ってしまいます。しかし、日本は海外と比べて色々な事に関して安全基準が低い国でもあります。それは動物に対しても同じで、日本ではドックフードなどは食品扱いではなく雑貨扱いなのです。ホームセンターに行くとドッグフードは、食品売場ではなく違うフロアー(洗剤売場など)で売られていませんか?そんなドッグフードに十分な栄養は含まれているでしょうか?ペットも栄養が足りないと病気になります。品質は信頼できるものでしょうか?有害化学物質が体に入ってくれば身体にとって負担となります。

ペットもバランスの良い食事を

人間同様、栄養不足で生活習慣病などにならない為には、やはり第一の基本はバランスの摂れた食事を与えることです。人間の食事を与えすぎて肥満にさせないで下さいね!(ついつい、あげてしまいたくなる気持ちも分かりますが・・・)

そして、ドッグフードを選ぶ際は、中に何が入っているかを確認しましょう。安すぎるドッグフードはお勧めしません。劣悪な環境で育てられ病気の鳥などが原料になっていることがあります。できるだけ食材にこだわっているメーカーを選んであげてください。愛情込めて手作りのご飯を作ってあげることができれば一番良いですが、その際も食材には十分気を付けてあげてくださいね。

それでは、本日もお読み頂きありがとうございました♪







-◆ペットの予防医学

関連記事

犬猫のノミ・ダニ予防に必要なこと

先日の記事の続きになります。一体、ノミ・ダニ予防はどうすればいいの? 清潔にする 汚れた体にはノミやダニが付きやすくなりますので、定期的(月に1回)にシャンプーをしてあげましょう。この時、シャンプーに …

ペットも高齢化!人間と同じ問題に直面!

  犬の平均寿命と健康寿命 ペットも人間と同じように、高齢になるにつれ身体が不自由になったり病気になったりで介護が必要となってきました。平均寿命もペットフードや獣医学の高度化などにより延びて …

ノミ、ダニ予防にフロントラインプラスの使用を止めました!

フロントラインプラスは安全なのか 愛犬・愛猫のノミ・ダニ予防、皆さんどうされていますか?恐らく多くの飼い主さんが使用しているのが、コマーシャルでもお馴染みの・・・ ♪フロントラインプラスっ♪でしょうか …

愛犬のリパーゼが異常値!

脂肪を分解する消化酵素 私たち人間は、炭水化物・たんぱく質・脂質を食べると、それらを分解するための消化酵素が分泌されます。それは、わんちゃん・猫ちゃんでも同じことです。今日お話しするのは、脂肪を分解す …