運動 ◆ヘルシーライフスタイル ◆ダイエット

ダイエットで痩せるなら有酸素運動?それとも無酸素運動?

投稿日:

痩せたいけれど、なかなか痩せない・・・というみなさん!運動はきちんと実行されていますか?運動せずに、ただ食事を減らして痩せようとしていたら、そのダイエットは成功せずに終わると思ってくださいね。綺麗に健康的に痩せる為には運動は不可欠です。体重だけ減ればいい!と数字だけ重視するのはやめましょう。

とは言え、運動は苦手だし、出来ればしたくない・・・という方もたくさんいると思います。それは脂肪が燃えるメカニズムが分かっていないのに、闇雲に運動に取り組んで、食事の量を減らして体重を落とそうとするからです。

ダイエット成功のカギは、痩せるメカニズムをきちんと理解してから取り組む!です(^^)

運動の種類

運動には、大きく分けて2種類あります。有酸素運動無酸素運動です。

それでは、脂肪燃焼する運動ってどちらでしょうか?また、運動といってもたくさんあります。水泳、ジョギング、エアロビクス、ウォーキング、筋トレ、ストレッチ etc どれをしたら良いのでしょうか?

脂肪燃焼する運動は、有酸素運動です。酸素を必要とする運動になるので水泳、ジョギング、エアロビクスなど。運動が苦手という方は、ウォーキングから始めてみましょう。一方、筋トレや短距離走など酸素を必要としない運動が無酸素運動です。重いダンベルやバーベル、100m走を全力で走るときってほぼ息を止めてますよね。つまり、はぁ~ふぅ~って酸素を取りいれていません。

脂肪を減らしたいと思っているのに、筋トレを一生懸命頑張ってもなかなか痩せることができません。でも、代わりに筋肉がつく(きちんとした食事をしている場合)ので、筋肉量が増えて基礎代謝があがって痩せる事はあります。

理想としては、筋肉量を増やしながら(もしくは維持)脂肪を減らしていくことがベストです♪この場合は、筋トレなどの無酸素運動をした後に有酸素運動をすると脂肪燃焼が促進されるので綺麗に痩せることが出来ます。

気をつけよう、野菜ダイエット

私は10代から20代のときに、数多くのダイエットに失敗してきました。また、33歳の頃、ローフードという食事法を知り、お肉やお魚を食べないことが健康に良いのだと勉強して実行し体調不良になりました。

ローフード自体は、普段なかなか摂れない野菜を食べる習慣がつくのでそういう点ではとても良い食事法ですが、ローフードでダイエットは、個人的にはおすすめ致しません。(ダイエットに限らず、ローフードで体調が悪くなったという方はたくさんいますのでバランスのよい食事と合わせると良いですね)

野菜中心のダイエットだと脂肪が燃えず、運動しても非効率的となります。摂取エネルギーは当然少なくなりますので体重(数字)は減りますが、大切なたんぱく質が摂れず筋肉は減り、肌や髪もぱさぱさしてきます。間違ったダイエットは要注意です!

それでは、本日もお読み頂きありがとうございました♪







-運動, ◆ヘルシーライフスタイル, ◆ダイエット

関連記事

余った糖分の行方

皆さんが大好きなケーキ、クッキー、シュークリーム、菓子パン、食パン、白米、パスタ・・・などなど炭水化物や糖質にはおいしいものがたくさんありますよね 私も炭水化物・糖質が大好きです♥ ついつい食べ過ぎて …

エネルギーの源は糖質!糖質カットは絶対にNG

お医者さまも推奨!?糖質制限ダイエット 3大栄養素と言われる炭水化物、脂質、たんぱく質がなぜ3大栄養素と言われるのでしょうか。それは、私たちが生きていく上で必要なエネルギー源だからです。運動や日常にお …

1日に必要な野菜と果物の量

厚生労働省の推奨量は? 厚生労働省が推奨する野菜の摂取量は1日350gです。果物の摂取量は200g。これは、最低限これくらいは摂取したい!という目安なので、できればこれ以上摂ることが理想です。 では、 …

ストレスを感じたときは瞑想がおすすめ

ストレスと中性脂肪の関係 まだ狩りをしていた時代、ライオンなどの敵に遭遇すると、戦うか逃げるかの選択に迫られました。そして、ライオンに遭遇することは、ものすごくストレスですよね、生きるか死ぬかですから …

身体の中も錆びる?老化を遅らせる為に必要なこと

身体が酸化する 私は性格が面倒くさがり屋で、うっかり何かをし忘れてしまった!なんていう事が時々あります。 昔よくやってしまった事が、ネイルのお手入れに使う甘皮ニッパーを、使い終わると水で洗って(ペーパ …