糖質 ◆予防医学の知識と栄養 ◆ダイエット

糖質制限ダイエットって正しい方法?

投稿日:2017年4月16日

 

ダイエットは理屈から

私は今まで生きてきた38年間で数々のダイエットに挑戦しましたが、間違ったダイエットばかり実践してしまいました。振り返ると体重は減っても健康的に痩せたダイエットはひとつもなかったので、身体にとってマイナスなことをしてしまったなと後悔しています。でも、それはなぜだったのでしょうか。それは、生化学が分からないから、ダイエットのメカニズムがわからないから、自分の身体を理解してないから、などの知識不足からです。

間違いだらけのダイエット

1. 単品ダイエットなどをして1日の摂取カロリーを大幅に減らし、

2. 運動をほとんどしなかった。

私が取り組んだダイエットはこれでした。ダイエットに挑戦したことがある方なら、”自分もそうだった!”と思い当たるところがあるかもしれませんが、このような安易なダイエットをすることはとても危険です。

ダイエットをするにあたり、1日の摂取カロリーを減らすことは問題ないのですが、問題はどの摂取カロリーをどれくらい減らすか?です。「どの」というのは、炭水化物、たんぱく質、脂質と呼ばれる3大栄養素のこと。私たちは、日々この3大栄養素を摂取してエネルギーを作り、身体を動かしてエネルギーを消費しています。

脳のエネルギーはブドウ糖

最近流行りのケトン体ダイエットや糖質制限ダイエットは、炭水化物をほとんど摂らず、たんぱく質を中心に食べて、エネルギーは脂肪で作れば無理なく痩せられるというものです。しかし、果たしてこれは生化学的に安全な方法なのでしょうか。

それは、

1.脳のエネルギーは、ブドウ糖のみであること(※脳だけでなく身体のエネルギーにはブドウ糖が必要です。心臓は脂肪をエネルギーとします)。しかし、脳のエネルギーとなるブドウ糖の代わりに脂肪を燃焼したときにできるケトン体で十分対応できる、というのがケトン体ダイエットや糖質制限ダイエット。ただ、ケトン体は酸化生成物なので血液が酸性に傾き、長期的にその状態であることは好ましくない状態です。

2. 肝臓では有害物質などの解毒処理を行っています。この解毒処理に必要なのが糖質です。また、有害物質は脂に溜まる性質があります。ですから肥満の方は特に気をつけなければなりません。また、脳は60%も脂で出来ています。その解毒処理には糖質が必要です。ブドウ糖がなければ解毒作用が上手くいかず肝臓や脳にダメージを与えるリスクが高まります。

ですから、糖を極端に減らす・摂らないと言ったことはやらないで頂きたいと思っています。

微生物、植物、動物、人間の身体の材料は、みんな同じです。炭水化物は摂らない!脂肪は摂らない!肉は食べない!などの偏った考え方は自然の法則に反しているようにも思います。炭水化物もたんぱく質も脂肪も、私たちの身体にとって必要だから存在するのです。そして、食物連鎖が成立するのだと思います。

食事は生きていく上で一番大切なことです。痩せたい人はバランスよく3食しっかり食べて、運動することです。この方法が遠回りなようで一番の近道です。そして、何よりも健康的に痩せる事ができてリバウンドもしません(^^)ダイエットを成功させたい方は食べましょう!

それでは、本日もお読み頂きありがとうございました♪







-糖質, ◆予防医学の知識と栄養, ◆ダイエット

関連記事

水しか飲んでいないのに痩せない理由

’水だけ’の落とし穴 「知人に”水しか飲んでいないのになかなか痩せない”という女性がいます」と先日、こんな事を聞きました。 毎日どれくらいの水を飲んで、それ以外に何を食べているのか、運動はしているのか …

余った糖分の行方

皆さんが大好きなケーキ、クッキー、シュークリーム、菓子パン、食パン、白米、パスタ・・・などなど炭水化物や糖質にはおいしいものがたくさんありますよね 私も炭水化物・糖質が大好きです♥ ついつい食べ過ぎて …

肥満ってどこからが肥満なの?

肥満じゃないのにダイエットする日本人女性 日本人女性の皆さん!体重の数字ばかりを気にして、無理なダイエットに日々取り組んでいませんか?「あ~昨日よりも500gも太った~」と嘆いていませんか? 見た目、 …

ストレスを感じたときは瞑想がおすすめ

ストレスと中性脂肪の関係 まだ狩りをしていた時代、ライオンなどの敵に遭遇すると、戦うか逃げるかの選択に迫られました。そして、ライオンに遭遇することは、ものすごくストレスですよね、生きるか死ぬかですから …

不妊の原因-1 なぜこんなに不妊が増えているのか

妊活クライシス 先日、「妊活クライシス」という言葉を発見しました。不妊治療をする夫婦の間に互いの気持ちに温度差が生じ、だんだんと不仲になってしまい最悪離婚に発展することも少なくないそうです。 不妊の原 …