たんぱく質 ◆予防医学の知識と栄養

コラーゲンを食べても必ずお肌のコラーゲンになるとは限らない

投稿日:2017年4月6日

豚足でお肌ぷりぷり?

コラーゲンと聞くと、よく思い浮かぶのが豚足でしょうか。豚足にはコラーゲンがたっぷり入っているので、食べると翌日のお肌がプルプルに!とテレビで時々見かけます。確かに豚足には、コラーゲンやエラスチンというお肌のハリや潤いを保つたんぱく質が豊富です。他にもビタミンDやビタミンB12、カルシウム、鉄や亜鉛などの栄養素も多く含むので栄養価の高い食品です。

しかし、豚足のコラーゲンが必ずお肌のコラーゲンになるかはまた別の話なのです。なぜなら、コラーゲンというのは、アミノ酸という物質がたくさん繋がってできたたんぱく質なので、食べたら消化酵素によって胃や腸でバラバラに分解されて、またアミノ酸になってしまいます。

優先的順位がある

そして、このバラバラになったアミノ酸を今度は人間の体の材料として使えるように、再びアミノ酸をつなげてたんぱく質を作ります。その代表的なたんぱく質のひとつがコラーゲンです。バラバラにしたり、繋げたり、ずいぶん複雑なことをするんだな~と思いますが、豚のコラーゲンを人間のコラーゲンとしてそのまま利用することができないので、面倒ですがこの作業が必要になるのです。

そして、再びできあがったコラーゲンがお肌に行き届けば嬉しいのですが、身体は優先順位を決めて、必要なところから修復していきます。例えば、骨折をしてしまいました。お肌のためにコラーゲンを使うよりも、早く骨をつなぎ合わせなければなりません。こちらの方が緊急ですからね。ですので、身体はお肌の細胞よりも骨の細胞へアミノ酸を送り届け線維芽細胞を活性化させコラーゲンを作ります。つまり、身体を修復・修理する順番は、命に係わるところから行われる!ということです。

ですので、コラーゲンを多く含む食べ物やサプリメントを摂ってもお肌に全く意味がないという事ではありませんが、コラーゲン=お肌がピチピチになる、かどうかは、普段の健康状態にかかっているのです。これが分かると、コラーゲンを摂ればお肌に良いという事を宣伝している商品にも十分注意することができますね。

それでは、本日もお読み頂きありがとうございました♪







-たんぱく質, ◆予防医学の知識と栄養

関連記事

エネルギーの源は糖質!糖質カットは絶対にNG

お医者さまも推奨!?糖質制限ダイエット 3大栄養素と言われる炭水化物、脂質、たんぱく質がなぜ3大栄養素と言われるのでしょうか。それは、私たちが生きていく上で必要なエネルギー源だからです。運動や日常にお …

私の父は肝硬変!肝癌への進行を回避した方法②

エコー検査は必ず 前回のお話の続きになります。 新しく分かったこと。それは、父が通っていたお医者さま(今も通ってます)は、父の肝臓の状態がよくなってきたのでこれまでとっていた色々な血液検査項目やエコー …

私たちの身体を作るたんぱく質は毎日必ず食べたほうが良い?

身体の構成成分の約20%を占めるたんぱく質 私たちの身体は一体どんな成分から出来ているでしょうか?私たちの身体もいろいろな元素が組み合わされた化学物質ですが、そんな私たちの体はだいたいこのような割合で …

ダイエットの前に脂肪について知っておこう!

脂肪には種類がいくつもある 一口に脂肪と言っても、さまざまな種類があります。ダイエットでは、脂肪は「敵」といった悪者扱いですが、身体にとって大切な役割がいくつもあるのです!そして、私たちが日々食べてい …

糖質制限ダイエットって正しい方法?

  ダイエットは理屈から 私は今まで生きてきた38年間で数々のダイエットに挑戦しましたが、間違ったダイエットばかり実践してしまいました。振り返ると体重は減っても健康的に痩せたダイエットはひと …